女の人

CRMで業務の効率化|コールセンターは企業と顧客の懸け橋

店舗や企業を成長させる

レディー

向上が目的です

企業が成長していくためには、第三者目線も必要になります。自社だけの見解だけでは、大きな成長を望むのが難しい場合もあります。特に飲食店の店舗等については、実際の店舗での接客と、企業としての経営面に隔たりができてしまう場面があります。店舗内の情報における報告についても、店舗内だけで処理されてしまうケースがあります。その様な場合には、覆面調査などを実施して、店舗の実態調査を第三者が客観的に行う事ができます。企業側が覆面調査に依頼する調査内容については、詳細な項目が設定され、その採点を覆面調査員と呼ばれる人が行う事になります。味に関する評価などの他にも、接客やトイレの整頓状態に至るまで、様々な項目がチェックされる事になります。

実施内容の設定もできます

覆面調査は、各企業や店舗が今より成長するために行う、いわばインバウンド調査でもあります。そのため、調査項目については、自社が設定、あるいは追加項目などを設定する事も可能な場合があります。最近では、外国人が国内を訪れる機会も増えています。覆面調査を実施する専門業者によっては、外国人を在籍させて、外国人が調査員に扮するというケースもあります。調査員を多く、しかも年齢やその他の個人の特徴を多種多様に揃える事で、様々な場面に対応する事が可能となっています。覆面調査を必要とするのは、都心部だけに限りません。全国各地での実施が可能な場合もあります。覆面調査のプランについても、複数の中から選択して、随時実施したり、継続した調査なども行えます。詳細な部分は、専門業者に相談しながら、覆面調査を実施する事が可能となっています。