女の人

CRMで業務の効率化|コールセンターは企業と顧客の懸け橋

電話対応はビジネスの柱

電話

丁寧な電話対応で商機拡大

近年さまざまな業種で導入例が増えている電話代行サービスは、その名の通り外線電話を会社や担当者に代わって取り次ぐのが基本です。担当者が外出中だったり、大事な商談や会議中で電話に出られないケースは数多く想定されます。そうした場合でも電話代行サービスと契約していれば、いつでも外線電話に対応することができるのです。サービス内容によってはさらに踏み込んだ電話対応も可能になります。基本料金にプラスして追加料金はかかりますが、外線にかかってくる電話にはさまざまな用件が考えられます。商品に対する問い合わせや求人の申し込み、場合によってはクレームにも対応しなければなりません。電話代行サービスも進化しており、専門教育を受けたオペレーターが会社の担当者に代わってプロの対応をしてくれるのです。ビジネスチャンスを逃す場面としてありがちなのは、新規顧客からの外線電話を担当者の携帯電話に転送してしまうケースです。まだ信頼を得ていない新規顧客に不信感を与えることなく、誠実な電話対応でポイントを稼ぐことができれば逆に商機が拡大されます。

目的に合ったサービスを

東京都内には事業所の数が桁外れに多いことから、そうした電話代行サービスへの需要も高くなっています。数多くの業者が独自のサービスを展開していますが、東京都内の企業が電話代行サービスを利用する際にはいくつかの注意点もあります。当然のことながら料金の点は無視できない要素です。経費を少しでも削減するために安い料金コースを選んでしまいがちですが、料金とサービス内容は比例しています。より充実したサービスを受けるためには、ある程度の料金が必要になると考えた方がいいでしょう。仮に経費がかかったとしても電話対応の良さが会社の評価に結び付けられれば、長期的に見て企業経営にもプラスに作用するものです。東京都内にはさまざまな企業があり、それぞれに特有の事情を抱えています。安い料金コースもあながち悪いとは即断できません。最低限の低価格サービスでも必要とされるケースは少なくないものです。自社の目的に合った最適なサービスと料金コースを選ぶことが大切なのです。こうしている間にも東京都内では無数の事業所への数えきれない外線電話がかかっており、高度なスキルを持つ電話代行オペレーターたちが日々対応しています。